尾瀬・尾瀬ヶ原 写真集



5/30 大清水〜尾瀬沼〜沼尻〜見晴

  
5/30 6:15 大清水
大清水は曇り空から青空が広がって来た。駐車場はまだまだ空きがあり、車は意外に少ない。
 
5/30 6:15 大清水
大清水駐車場は500円(暦日)とあるが、1泊2日でも500円だった。右手は売店と休憩所(水場あり)。奥にはトイレがある。
 
5/30 6:30 出発
尾瀬は2006年以来3年ぶり11回目だが、今回は山野寺さん、樋口さん、竹内さんと4人パーティー。気温14℃。
 
5/30 6:30 沼田街道
新緑のなか一ノ瀬まで約1時間の林道歩き。とても清々しい。
 
5/30 6:55 新緑と青空
緑も青空も目にしみる。青空は次第に広がっている。これは期待できるぞ。
 
5/30 7:20 一ノ瀬休憩所
50分で最初の休憩ポイント「一ノ瀬休憩所」に到着。なかなか良いペースだ。登山者は意外に少ない。気温14℃。
 
5/30 7:30 三平橋
一ノ瀬休憩所を出発。三平橋を渡って左の登山道に入る。
 
5/30 7:30 登山道へ
一ノ瀬で林道から登山道に入る。足元は下界の植物の種の侵入を防ぐ「種子落としマット」。
 
5/30 7:35 渓流
雪解け水を集めて流れ落ちるナメ沢。この沢はやがて片品川となり、最後は利根川となって太平洋に注ぐ。沼尻川は日本海に繋がっているので尾瀬は分水嶺なのだ。
 
5/30 7:40 木道
尾瀬といえば「木道」だが、このあたりから木道が多くなってきた。
 
5/30 7:55 岩清水
岩清水で2回目の休憩。ここから急登が始まる。気温17℃。
 
5/30 8:05 青空
青空はますます広がり、天気予報は大外れと思ったのだが・・・・
 
5/30 8:10 ムラサキヤシオ
紫八染(むらさきやしお)はブナ林に生育する代表的なツツジ。紫色の染料に何回もつけて染め上げたような濃い花色をもつ事から名付けられた。
 
5/30 8:15 急登
岩清水から三平峠までは急登が続く。
 
5/30 8:15 三原色
青空、新緑、ピンクのツツジ・・・・ 目にも楽しい光の三原色。
 
5/30 8:25 雪
三平峠が近づくと雪が現れたが、今年の雪は少ない。
 
5/30 8:30 踏み抜き注意
雪と木道が交互に現れる。踏み抜きに注意しながら歩く。
 
5/30 8:35 三平峠
1,762mの三平峠に到着。1,200mの大清水から560mも登ったのだ。この時期は例年雪に埋もれているが、今年はこんなに雪が少ない。やはり温暖化か?
 
5/30 8:35 三平峠
尾瀬の大半は東京電力が所有しているのだ。国立公園が私有地だなんてすごい事だ。
 
5/30 8:50 三平下
尾瀬沼山荘と休憩所のある尾瀬沼畔の三平下に到着。
気温15℃。
 
5/30 8:50 三平下
尾瀬沼を挟んで燧ヶ岳(2,356m)が真正面に見える三平下は抜群のロケーションだ。
 
5/30 8:55 燧ヶ岳
尾瀬沼(1,650m)と燧ヶ岳(2,356m)。尾瀬のシンボル・燧ヶ岳は東北地方の最高峰なのだ。
 
5/30 8:55 休憩所
尾瀬沼山荘と休憩所は尾瀬林業の経営。天気が良いので屋外のベンチの方が気持ち良い。
 
5/30 8:55 フキノトウ
すっかり開花してしまったフキノトウ。フキノトウは蕗の花の蕾なのだ。
 
5/30 9:15 尾瀬沼山荘
尾瀬沼山荘は50人収容の小さめの山小屋だが、とても綺麗な小屋だ。(ベンチのおじさんはとても気持ち良さそう!)
 
5/30 9:15 ビジターセンターへ
尾瀬沼を反時計回りにビジターセンターに向かう。
 
5/30 9:20 カエル
尾瀬沼畔で見つけたカエルの群れ。これはたぶんタゴガエル。
 
5/30 9:35 ミズバショウ
長蔵小屋手前のミズバショウの群落。
 
5/30 9:35 燧ヶ岳
ミズバショウと尾瀬沼と燧ヶ岳のスリーショット。
 
5/30 9:40 望遠鏡
ビジターセンター前に置かれた望遠鏡。燧ヶ岳山頂の人が見える筈だが、今日は空気が霞んでいて見えない。
 
5/30 9:40 長蔵小屋
尾瀬で最も歴史のある長蔵小屋。とても大きな小屋で収容人数は265人だ。
 
5/30 9:40 ライブカメラ
トイレの軒下にライブカメラを発見。
 
5/30 10:00 ライブカメラ
ライブカメラに人が映るのはこの場所。
ライブカメラ画像はこちら(画面の右下)
 
5/30 10:00 大江湿原
沼山峠方面に広がる大江湿原。こちらのミズバショウはこれからだ。
 
5/30 10:00 ミズバショウ
大変形の良いミズバショウ。白い花のように見えるものは葉の変形したもので仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる。小さな黄色いもの一つ一つが花。
 
5/30 10:00 分岐
右は福島県側の登山口・沼山峠への道。我々は沼を回り沼尻に向かう。
 
5/30 10:05 長蔵小屋とビジターセンター
 
 
5/30 10:05 分かれ道
大江湿原の分岐。右が長蔵小屋方面、左が沼山峠方面、手前が燧ヶ岳・沼尻方面。
 
5/30 10:10 長英新道
燧ヶ岳への分岐。長蔵小屋二代目の平野長英氏が昭和34年に拓いたもの。
 
5/30 10:15 ショウジョウバカマ
尾瀬で比較的多く見られるショウジョウバカマ(猩々袴)。赤い花を中国の伝説の動物「猩々」になぞらえ、葉が袴のようだから・・・らしいが、猩々を見た人はいない。
 
5/30 10:35 モウセンゴケ
これはめずらしい食虫植物・モウセンゴケ。
 
5/30 10:40 沼尻休憩所
沼尻休憩所に到着。食事もできる休憩所で、大勢のハイカーが休んでいる。「ぬしり」が正式名称らしいが、地元の人は「ぬまじり」と言うらしい。??
 
5/30 10:45 樋口さん
キュウリをかじる樋口さん。山ではキュウリもご馳走。
 
5/30 10:45 竹内くん
キュウリをかじる竹内くん。
 
5/30 11:10 雨
ついに雨が降りだしてしまった。青空なのに!
 
5/30 11:25 本降り
小雨はやがて本降りになってしまい、カッパを着る樋口さん。おかげで間もなく雨が上がった。
 
5/30 12:00 白砂峠越え
沼尻(1,660m)から見晴(1,400m)に至る白砂峠(しらすなとうげ・1,680m)越えの登山道。雨は降ったり止んだり。
 
5/30 12:05 オオバタチツボスミレ
白砂峠越えの道で見つけたオオバタチツボスミレ(大葉立坪菫)。絶滅危惧種らしい。
 
5/30 12:05 ゼンマイ
 
 
5/30 12:05 リュウキンカ
黄色い花で茎が立つことから「立金花」と呼ばれる。花言葉は「必ず来る幸福」。いい事あるかも。
 
5/30 12:45 燧小屋
沼尻から正味80分で見晴の燧小屋に到着。ここにキャンプ受付がある。幕営料は1人800円。小屋は99人収容で1泊2食 8,400円。
 
5/30 12:55 設営
広めの場所を選んでテントを設営。
 
5/30 12:55 テント設営
今回のテントは樋口さんのエスパース・4人用。
 
5/30 13:05 設営完了
約10分で設営完了。今夜の宿の完成だ。
エスパースのスーパーフライは大きくてGood!
 
5/30 14:25 第二長蔵小屋
第二長蔵小屋(100名収容、8,000円)。尾瀬沼畔の長蔵小屋の姉妹小屋だ。
 
5/30 14:25 原の小屋
原の小屋(170人収容、8,500円)のトイレはウォシュレットだそうだ。小屋泊のときはここにしよう。
 
5/30 14:25 檜枝岐小屋
檜枝岐小屋は100人収容、8,500円。
 
5/30 14:30 弥四郎小屋
見晴を代表する山小屋「弥四郎小屋」。橘弥四郎さんが昭和7年に建てたそうだ。250人収容、8,400円。
 
5/30 14:30 弥四郎清水
弥四郎小屋の前にある弥四郎清水。うしろは尾瀬小屋(180人収容、8,500円)。
 
5/30 14:30 リュウキンカ
尾瀬ヶ原には色鮮やかなリュウキンカがたくさん咲いている。
 
5/30 14:35 見晴
見晴は6軒の山小屋が建ち並ぶ「山小屋激戦区」だ。おそらく日本一多いと思う。燧ヶ岳はガスの中。
 
5/30 14:35 至仏山
尾瀬ヶ原と至仏山(2,228m)。至仏もガスの中。
 
5/30 14:45 ミズバショウ
 
 
5/30 14:45 ザゼンソウ
座禅を組む僧侶の姿に似ている事から座禅草と名付けられた。水芭蕉の親類だがなかなか見られないレアものなのだ。この個体は傷んで黒ずんでいるが、今回はこの1株しか見つけられなかった。
 
5/30 15:00 雨
雨が降り出したので見晴に引き返す。
 
5/30 15:00 青空
雨が降りつつも青空が見える、おかしな天気だ。
 
5/30 15:15 キャンプサイト
丸太を集めてテーブルとイスが揃った。
 
5/30 15:20 ビール
燧小屋でビールを購入。500cc缶ビールは600円。意外に安い。
 
5/30 15:25 乾杯
まだ陽は高いが、他にすることもないので宴会スタート。まずはビールで乾杯。
 
5/30 15:25 アジ
おつまみは最近定番の「あじ桜干し」。アピタ君津店で買ったタイ産だが、とてもウマイ!
 
5/30 16:10 山談義
山談義で盛り上がる。
 
5/30 16:50 青空
雨が降るのを心配していたが、すっきり晴れてしまった。
 
5/30 16:25 焼き鳥缶
山では定番の焼き鳥缶。そのまま火に掛けられるのが良い。塩とタレがある。
 
5/30 16:40 湯沸かし中
主力火器のガソリンストーブ(Snow Peak Giga Power WG)で夕食用の湯沸かしをする。
 
5/30 17:00 今夜のメニュー
今夜のメインは尾西食品のα米五目御飯と湯煎式ハンバーグ。
 
5/30 17:20 夕食の完成
五目ごはん、ハンバーグ、みそ汁の完成! いただきます!
 
5/30 17:20 夕食
山で食べると何でも美味しくなる。美味しいものはさらに美味しくなる。
 
5/30 18:40 寝酒
テントに入ってワインを飲む。ワインは燧小屋で買った「尾瀬檜枝岐」1,200円。
 
5/30 19:35 就寝
外は雨が降ったり止んだり。テント内は20℃もあり、シュラフに入ると暑いくらい。
 
5/30 19:35 就寝
 
 
 
5/30 19:35 就寝
 
 
 
 
 

5/31 見晴〜山ノ鼻〜鳩待峠→大清水→君津

5/31 4:35 まるごとくん
湯煎して食べる賞味期限6ヶ月、常温保存の干物「まるごとくん」。他にあじ、えぼ鯛、カマスがあるが、さんまが一番のお気に入り。
 
5/31 5:00 朝食
朝食のメニューは、さんま、ツナ缶、ベーコンエッグ、赤飯、みそ汁。
 
5/31 5:40 撤収
4:00に起きて1時間40分で朝食と撤収を完了。上出来だ!
 
5/31 6:00 見晴十字路
朝の見晴十字路。小屋泊まりの人達が朝食を終える前に出発だ。
 
5/31 6:05 出発
出発前に記念撮影。Tシャツはヤマケイオリジナル! 残念ながら天気は曇り。
 
5/31 6:05 尾瀬ヶ原
見晴から山ノ鼻まで6kmの木道歩きに出発。
 
5/31 6:15 燧ヶ岳
燧ヶ岳(2,356m)と見晴。山頂がガスに包まれて残念だ。
 
5/31 6:15 下田代
龍宮の手前、下田代湿原のミズバショウ。
 
5/31 6:25 龍宮
見晴から20分で龍宮に到着。左手の川は沼尻川。尾瀬沼に源を発し、やがて只見川となり、最後は阿賀野川となって日本海に注ぐ全長210kmの大河だ。
 
5/31 6:25 龍宮小屋
龍宮の一軒宿、龍宮小屋。(94人収容、8,500円)
31年前に初めて尾瀬に来た時に泊まった想い出の小屋だ。
 
5/31 6:35 竹内くん
竹内くんは高校時代は山男だったが、その後鳥人間になってしまった。
 
5/31 6:35 ミズバショウ
ミズバショウはやがて大きなキャベツのようになり、1m以上になることもある。
 
5/31 6:45 池塘
風が無いせいか、池塘の水面は鏡のように風景を映している。
 
5/31 6:45 至仏山
池塘に映る至仏山は絶好の被写体だ。
 
5/31 6:50 絶景スポット
中田代・下ノ大堀川と至仏山。尾瀬の代表的な風景だ。
 
5/31 6:50 カメラマン
絶景スポットで至仏のガスが切れるシャッターチャンスを待つ大勢のカメラマン。
 
5/31 6:50 記念撮影
 
 
5/31 6:50 記念撮影
 
 
5/31 7:00 池塘
まるで鏡のような池塘。これは見事だ。
 
5/31 7:00 さかさナントカ
逆さにしても判らないくらいの見事な鏡像。反転像はこちら
 
5/31 7:00 木道
木道の老朽更新は環境省、福島県、群馬県、東京電力によって進められている。これはH20に環境省が更新したものだ。
 
5/31 7:00 至仏山
至仏山が近づいてきた。ガスは切れそうで切れない。
 
5/31 7:05 牛首
東電小屋方面からの木道と合流する「牛首」。見晴から丁度1時間なので良い休憩ポイントだ。
 
5/31 7:20 牛首
牛首から燧ヶ岳方面。こちらもガスが切れない。
 
5/31 7:30 団体
山ノ鼻が近づくにつれて大勢の団体ツアー客とすれ違うようになる。
 
5/31 7:35 至仏山
もうじき山ノ鼻だが、ついに至仏のガスは晴れなかった。
 
5/31 7:55 山ノ鼻
山ノ鼻に到着。見晴から正味1時間30分だった。
 
5/31 7:55 カウンター
山ノ鼻の入口に設置されたカウンター。三平下にもあった。
 
5/31 7:55 山ノ鼻
大勢のハイカーで賑わう山ノ鼻。
 
5/31 8:05 山ノ鼻キャンプ場
休憩中に雨が降り出したので山ノ鼻を後にする。右手は山ノ鼻キャンプ場。
 
5/31 8:10 続々と
雨にもかかわらず、続々とやって来るハイカー。
 
5/31 8:40 ボッカ
山ノ鼻〜鳩待峠間で5人の歩荷さんと出会った。お疲れ様です!
 
5/31 8:50 鳩待峠
雨の降り続く中、鳩待峠に到着。
 
5/31 8:50 鳩待峠
鳩待峠はマイカー規制中(5〜10月)なので、タクシーとバスだけだ。
 
5/31 8:55 ゴール
全員ゴール。山ノ鼻から45分だった。
 
5/31 8:55 種子落としマット
一ノ瀬同様に種子落としマットが置かれている。
 
5/31 8:55 記念撮影
 
 
5/31 8:55 記念撮影
 
 
5/31 9:00 ジャンボタクシー
ジャンボタクシーで戸倉経由、大清水へ。1人1,500円だった。
 
5/31 9:30 大清水
約30分で大清水に到着。雨は降り続いている。
 
 
5/31 9:30 大清水
大清水の駐車場は満車だった。