上高地・SnowCamp 写真集



2/11 07:50 坂巻温泉
中ノ湯には路上駐車が1台もない為駐車を断念し、坂巻温泉に戻って駐車。駐車料金は2日で\1,000。
気温は-8℃
 
2/11 08:15 中ノ湯
中ノ湯ゲート。右側の第2釜トンネルは工事中で今年7月に開通する。
 
2/11 08:45 釜トンネル
今回のコースで最もきついのはこの釜トンネルで、最大斜度は20度とか。トンネル内は0℃と暑く、汗をかいてしまった。工事車両が通行しているので路面の凍結はなし。照明も点いているのでヘッドライトは不要だった。
 
2/11 09:00 釜トンネル出口
第2釜トンネルの出口。右奧が旧釜トンネル。
 
2/11 09:25 車道歩き
上高地まで工事車両が入っているので、県道上高地線の道路はしっかり除雪されている。歩き易いが興ざめだ。
 
2/11 09:40 大正池
凍結した大正池に到着。残念ながら穂高の稜線はガスっている。
 
2/11 10:00 大正池
湖畔のいつもの場所で大休止。焼岳は概ねクッキリ。気温は-5℃。
 
2/11 10:00 ハイカー
昨今は冬の上高地にも大勢のハイカーが訪れて大賑わい。お揃いのスノーシューを履いたツアー客が目立つ。
 
2/11 10:20 とりゃ〜!
大正池からはスノーシューを履いて林間コースを行く。 うっ! 脚の上がり方に歳の差が・・・・。
 
2/11 11:00 田代橋
田代橋から梓川と吊尾根。稜線はガスで霞んでいて残念! 上高地温泉ホテル(手前)と上高地清水屋ホテル(奧)
 
2/11 11:05 右岸コース
田代橋からは右岸沿いのコースを河童橋に向かう。
 
2/11 11:05 やっほ〜
天気の回復を願って踊る二人。少しガスが晴れてきたような気がする・・・・
 
2/11 11:15 ウエストン碑
日本アルプスの名付け親にして、日本人にアルピニズムを教えてくれたウォルター・ウエストン。
 
2/11 11:15 ウエストン碑
ウォルター・ウエストンとツーショット! 彼がいなかったら我々は山登りをしていなかったかも。
 
2/11 11:40 河童橋
上高地のシンボル、「河童橋」に到着。坂巻温泉から正味2時間50分だった。
 
2/11 11:40 河童橋
天気は次第に悪くなっている。う〜ん
 
2/11 12:15 設営完了
小梨平のいつもの場所にテントを設営した。今回は2人なので桂君のゴアライトだ。
 
2/11 12:45 カンパ〜イ!
なにはともあれカンパイ! ンまいぜ!!
 
2/11 13:05 冷蔵庫
最も大切な荷物はビール。外に置いておけば冷え冷えだ。気温-5℃なので凍ってしまうかも?
 
2/11 14:20 明神
上高地〜明神間のトレースはしっかりしていてツボ足でも大丈夫そうだ。
 
2/11 14:20 明神
上高地と徳沢のほぼ中間点の明神。いい感じの道標がある。
 
2/11 14:30 小休止
明神館の前で行動食をほおばりながら小休止。
 
2/11 14:35 明神橋
明神橋で梓川を渡って明神池と穂高神社へ。
 
2/11 14:35 明神橋
明神橋周辺は何やら大がかりな工事をしていた。このため梓川右岸の車道は大正池まで完璧に除雪されていた。
 
2/11 14:40 穂高神社
明神池の畔にある穂高神社奥宮。左手の嘉門次小屋では5〜6人の人が雪かきをしていた。
 
2/11 14:45 穂高神社
ひと月遅れの初詣。今年の山の安全を祈願した。
 
2/11 14:50 明神池
半分氷結した明神池。カモはいなかった。
 
2/11 15:15 カモ
右岸の車道を上高地に向かう途中、梓川に流れ込む支流にカモがいた。寒くないのだろうか?
 
2/11 15:50 サル
ふと気が付くと至る所にサルがいる。この時期の上高地は人よりサルの方が多い。
 
2/11 16:15 河童橋
明神池から約1時間で河童橋に戻る。
 
2/11 16:15 小梨平
小梨平のテントは約20張に増えていた。これはいつもの通りだ。
 
2/11 17:40 クニャマップ
樹脂製でクニャッとたためる立体地図「クニャマップ」で現在地を確認。なかなか楽しい地図だ。
 
2/11 18:50 夕食
夕食は冬の定番「寄せ鍋」だが、まずは鮭トバを炙りながらビールをいただく。キンキンに冷えていてンまい。
 
2/11 19:10 鍋
きのこいっぱいの鍋がいい感じに完成し、改めてカンパイ! 今回のコッヘルは桂君の新兵器、チタンクッカーだ。
 
2/11 19:20 しゃぶしゃぶ餅
誰が発明したのか「しゃぶしゃぶ餅」はとってもGood!
 
2/11 19:25 はふはふ
やっぱ、冬は鍋に限ります。
 
2/11 19:45 ヘッドライト
桂君のヘッドライトはLED3個と4個。私のは上州屋で買ったLED5個だ。
 
2/11 20:05 電話中
上高地は冬でもDoCoMoがバリ3。彼女に電話をする桂君。
 
2/11 21:00 お休みなさい
21:00に就寝体勢に入る。テント内は冷蔵庫より寒いがシュラフに潜ればぬくぬく快適だ。外気温は-3℃と意外に暖かい。
 
2/12 07:55 朝食
06:30起床。空は快晴、気温は-10℃。朝食は昨日の残りの鍋食材とウドンとカマボコ。
 
2/12 08:25 穂高
今日は朝からピーカンだ。朝日に輝く穂高の吊尾根が眩しい。来た甲斐があった!
 
2/12 08:25 焼岳
焼岳もバッチリだ。河童橋から。
 
2/12 08:40 小梨平
大半のテントはもう一泊するようだ。
 
2/12 08:40 GORE LIGHT
小型・軽量のGORE LIGHT はテントのヒット商品。大男が入ったのでやや窮屈だったが・・・・。
 
2/12 10:15 河童橋と焼岳
梓川の川面に陽が差す時刻までゆっくりと撤収。光がいい感じになったところで写真を撮りまくった。
 
2/12 10:15 河童橋と穂高
これが典型的な上高地の風景。稜線は強風が吹いているようだ。
 
2/12 10:15 パノラマ
河童橋からのパノラマ。西穂(2,909m)、奥穂(3,190m)、吊尾根、前穂(3,090m)、明神(2,920m)の峰々。
 
2/12 10:20 記念撮影
河童橋に腰掛け、穂高をバックに記念撮影。
 
2/12 10:20 焼岳
焼岳方面にはガスが出始めた。
 
2/12 10:25 河童橋と穂高
河原に降りて河童橋と穂高を撮影。人がいなくなるのを待っているカメラマンが居たが、当分無理のようだ。
 
2/12 10:25 入山者
三連休とあって今日も続々と入山してくる。
 
2/12 10:30 大人気
河童橋は一番人気のスポット。大勢のカメラマンが穂高を狙う。
 
2/12 10:30 続々と
お揃いのスノーシューを履いた50人位の団体がやって来た。いやはやビックリだ。
 
2/12 10:45 パノラマ
田代橋まで梓川左岸沿いを行く。穂高の稜線にもガスが出てきた。
 
2/12 11:10 帝国ホテル
いつかは泊まってみたい「上高地帝国ホテル」。こちらは裏側。
 
2/12 11:10 帝国ホテル
こちらが正面。近くまで行こうと思ったが、立ち入り禁止だった。
 
2/12 11:20 トレース
帝国ホテル〜大正池間は除雪されていないが、しっかりトレースがついておりツボ足でも大丈夫だ。
 
2/12 11:55 大正池
いつもの場所で1本。
 
2/12 12:00 焼岳
大正池から焼岳。
 
2/12 12:10 カーブミラー
例によってカーブミラーでセルフ記念撮影。
 
2/12 12:20 穂高よさらば
大正池にて穂高にさようなら。
 
2/12 12:20 大正池と穂高
ここで穂高は見納め。稜線はガスに隠れつつある。今日の好天は午前中いっぱいだった。
 
2/12 12:35 車道歩き
昨日は雪道だった大正池〜釜トンネル間の道路もすっかり雪が融けて路面が露出していた。
 
2/12 13:05 釜トンネル
釜トンネルに突入。
 
2/12 13:15 出口
トンネルを抜けスノーシェード部を出口に向かう。
 
2/12 13:15 トイレ
釜トンネルの中ノ湯側には登山者用としか思えない仮設トイレがある。
 
2/12 13:15 つらら?
スノーシェードの柱に着いた大きな氷の塊。これも"つらら"と言うのか?
 
2/12 13:20 中ノ湯
中ノ湯ゲートにはタクシーや宿の車が次々に登山者を拾いに来る。右側は第2釜トンネル。次回訪れるときにはこのトンネルをくぐるのだ。
 
2/12 13:25 中ノ湯
中ノ湯からさらに2km先の坂巻温泉まで歩く。他にはそんな人いない。
 
2/12 13:35 駐車
中ノ湯〜坂巻温泉間のトンネル横の道路には10台以上の車が停められていた。次回はここにしよう。
 
2/12 13:45 坂巻温泉
中ノ湯から25分で坂巻温泉に到着。
 
2/12 13:50 坂巻温泉
今回の山行も無事に終了できた。終点の坂巻温泉前で記念撮影。
 
2/12 16:05 竜島温泉
いつものように島々宿の竜島温泉で汗を流した。
 
2/12 17:00 開運堂
銘菓「老松」を求めて老舗「開運堂」へ。ずいぶん立派な建物になっていた。
 
2/12 17:00 ソフトクリームロボ
開運堂にはなんとソフトクリームを作るロボットがいた。
 
2/12 17:10 三河屋
打上げは創業明治16年の「三河屋」へ。120年以上の老舗の馬刺屋さんだ。ここの扉は1枚の引き戸でとっても大きい。
 
2/12 17:25 馬刺と桜鍋
信州名物の馬刺と桜鍋に舌鼓。
 
2/12 17:30 桜鍋
すき焼き風の桜鍋の具は肉とネギのみ。とき玉子でいただく。
 
2/12 17:30 いただきます
素朴な味だがとても美味しい。今回の山行は美味しい締めくくりで幸せ気分!