100 奥穂高岳 写真集



5/3 05:30 沢渡
村営沢渡第二駐車場にて出発の準備中。今回の車は組合のワゴンをレンタルした。
 
5/3 06:20 上高地バスターミナル
沢渡からタクシーで上高地へ。天気は快晴 登山日和だ。
 
5/3 06:25 穂高連峰
梓川畔から穂高連峰。西穂・奥穂・吊尾根・前穂・岳沢がくっきりと見える。
 
5/3 06:25 記念撮影
快晴の穂高連峰をバックに記念撮影。
 
5/3 06:40 記念撮影
今回のメンバーは左から、野崎・渡辺・桂・馬場崎の4名。
 
5/3 06:55 出発
梓川沿いの遊歩道をバスターミナルから河童橋に向かう。
 
5/3 07:00 河童橋
河童橋と穂高。残雪の白と新緑の緑が眩しい。
 
5/3 07:00 河童橋
河童橋は上高地のシンボル。観光客にも大人気だ。
 
5/3 07:00 こいのぼり
連休恒例、五千尺ホテルのこいのぼり。
 
5/3 07:30 梓川街道
梓川街道を明神へ。徳沢までの登山道には雪は無かった。
 
5/3 07:45 明神
とてもたくさんの登山者・観光客で賑わう明神。座る場所もないので少し先の徳本分岐で休憩した。
 
5/3 07:45 明神ヶ岳
明神から見上げる明神ヶ岳。
 
5/3 08:45 徳沢へ
この橋を渡れば徳沢はもうすぐ。
 
5/3 08:45 前穂東壁
徳沢手前の梓川畔から前穂東壁。
 
5/3 09:00 徳沢
徳沢で休憩。ポンプ小屋の水場は閉まっていた。
 
5/3 09:00 徳沢キャンプ場
広くて開放的な徳沢キャンプ場。日程に余裕があればキャンプしたいところだ。
 
5/3 09:00 徳沢園
「氷壁の宿」徳沢園。ブルーベリー・チーズケーキは今回もおあずけ。
 
5/3 10:15 横尾へ
徳沢を過ぎると登山道にも残雪が現れた。
 
5/3 10:25 横尾
横尾まで来るとさすがに観光客はいなくなるものの、大勢の登山者で賑わう横尾。
 
5/3 10:25 横尾
上高地と槍ヶ岳の中間点・横尾。横尾の吊り橋はすごい立派なものになっていた。
 
5/3 10:40 乾杯
あまりの好天に早くもビールで乾杯。ビールは1人2g持参した。
 
5/3 13:00 本谷橋
本谷橋(雪に埋まっていたが・・・)からは完全に雪道に。ここからスパッツを着けた。
 
5/3 14:05 涸沢へ
涸沢へのトレースには延々と登山者の列が続いている。
 
5/3 14:30 穂高!!
本谷橋と涸沢の中間点付近。漸く穂高が姿を現した。
 
5/3 14:50 もうすぐ涸沢
涸沢ヒュッテが見え、もう一息だがなかなか着かない。
 
5/3 15:00 涸沢へ
涸沢を目指し、ひたすら雪の急登をつめる登山者の列。
 
5/3 15:35 涸沢
涸沢テント村は大賑わい。300以上のテントで埋め尽くされていた。我が家を探すのも大変?!
 
5/3 16:30 設営完了
DUNLOP V-6の設営を完了し、記念撮影。
 
5/3 16:35 キャンプサイト
キャンプサイトは端の方。涸沢ヒュッテと涸沢小屋の中間付近だ。
 
5/3 16:50 乾杯!!
お疲れ! 乾杯! ビール8gとワイン2gとともに涸沢の夜は始った・・・・
 
5/3 17:35 餃子包み
今夜のメインメニューは水餃子鍋。全員で餃子を包む。ひたすら包む。
 
5/3 17:40 餃子包み
流れ作業で手際良く作る。48個の餃子が10分足らずで出来てしまった。あとは食べるのみ。
 
5/4 09:10 朝食
停滞の朝。朝食のメニューは昨夜の水餃子鍋のスープに残りの具を入れた肉団子スープと焼き餃子。
 
5/4 09:40 停滞
停滞の今日は飲んで食べて寝るだけ。朝からワインとビールでいい気持ち。焼きスルメも旨い。
 
5/4 12:40 昼食
お昼はスクランブルベーコンエッグ、野菜スープ、ツナ缶、白飯。
 
5/4 12:40 昼食-2
雨が降り続き、テントを一歩も出ていないが、それでもお腹は空くのだ。
 
5/4 16:55 夕食
ビールのつまみ、エリンギのソテーは絶品。
 
5/4 16:55 夕食-2
エリンギソテーでビールが進む。ンまいぜ!
 
5/4 18:10 夕食-3
α五目ご飯を戻しながらフリーズドライの野菜炒め。これが結構いけた。
 
5/4 18:15 夕食-4
フリーズドライの野菜ミックスを戻し、ソーセージを入れて立派な野菜炒めだ。
 
5/4 18:35 夕食-5
仕上げはα米の五目ご飯と野菜スープ。結構ウマイ。
 
5/4 18:35 夕食-6
いただきま〜す。今日は一日中飲んで食べて寝ていた。たまにはこんな生活も良いかも。
 
5/4 21:25 お休みなさい
明日は3:00起床。奥穂を往復してそのまま上高地へ下山するのだ。早く眠らねば!
 
5/5 04:25 朝食
今日の朝食は雑炊。雨は依然として止む気配はない。
 
5/5 05:45 朝
夜が明けて雨は小降りになり、止む気配が・・・・。
 
5/5 05:45 虹
突然陽差しが出て、涸沢カールに虹が架かった。
 
5/5 05:45 雨上がり
漸く雨が上がり、明るい陽差しが差し込んで来た。よし、出発だ。
 
5/5 05:55 出発
雨も上がったし、奥穂を目指して出発。今日は強行軍だ、頑張ろう。
 
5/5 06:00 涸沢テント村
少し登ったところから見下ろしたテント村全景。テントは半減している。
 
5/5 07:15 ザイテングラート
ザイテングラート沿いに急斜面を直登する。再び雨が降り出し、辛い登りになった。
 
5/5 07:55 穂高岳山荘
山荘に着いたが、依然雨は上がらない。おかしいな〜
 
5/5 08:20 奥穂へ
漸くガスが切れて奥穂山頂へのルートが姿を現した。胸を突く急登だ。
 
5/5 08:50 涸沢岳と北穂
すっかり晴れ間が広がり涸沢岳(3,110m)と北穂高岳(3,106m)が勇姿を現した。下は穂高岳山荘。
 
5/5 08:50 常念山脈

 
5/5 08:50 山頂へ
岩と雪がミックスしていてアイゼンを履いていると歩きにくい。
 
5/5 09:00 槍・穂高
左から涸沢岳(3,110m)、槍ヶ岳(3,180m)、北穂高岳(3,106m)。
 
5/5 09:00 常念山脈
常念岳(2,857m)を盟主とする大天井岳から蝶ヶ岳にかけての常念山脈。
 
5/5 09:20 登頂
奥穂高岳(3,190m)に登頂。桂君にとっては3,000m峰初登頂だ。
 
5/5 09:20 奥穂高岳
奥穂(3,190m)は北岳(3,192m)に次いで標高は日本第3位だが、山頂の大ケルンは3mあるので実質第2位だ。
 
5/5 09:20 槍ヶ岳
槍ヶ岳はどこから見ても槍ヶ岳だ。
 
5/5 09:20 ジャンダルム
独特の形をしたジャンダルム(前衛峰)と西穂からジャンを越えてきた強者達。
 
5/5 09:20 ガッツポーズ
私にとって6度目の奥穂山頂。毎回良い思い出をくれる山頂だ。
 
5/5 09:20 奥穂山頂
今度は馬場崎さんと一緒に記念撮影。
 
5/5 09:30 乾杯
登頂を祝い、雪と青空と槍に乾杯!
 
5/5 09:35 槍ヶ岳(3,180m)

 
5/5 09:35 槍ヶ岳(3,180m)

 
5/5 09:35 常念岳(2,857m)
5/5 09:35 panorama
奥穂高岳(3,190m)山頂からの大パノラマ。
     
5/5 09:35 野崎くん
念願の奥穂登頂を果たし、槍をバックにゴキゲンの野崎くん。
 
5/5 09:50 やっほー

 
5/5 09:50 ケルン
狭いケルンの上は大人気。このケルンの上は富士山に次いで日本第二の高地なのだ。
 
5/5 09:50 やっほ〜
ジャンダルムをバックに・・・・。ケルン上の野崎くん撮影。
 
5/5 09:55 下山開始
天気が良く暖かいのでつい長居してしまったが、夕方までに上高地まで下山しなければならない。
 
5/5 10:10 急斜面
頂上直下の雪の急斜面を登る登山者の列。実際は見た目より急斜面。落ちたら死ぬかも・・・・・
 
5/5 10:10 岩稜帯
雪の無い岩稜帯の通過。アイゼンを着けていると歩きにくいのだ。
 
5/5 10:15 穂高岳山荘
足下に穂高岳山荘が見えて来た。高度感抜群だ。
 
5/5 10:25 ネット
小屋の直ぐ上には鉄ワイヤーのネットが張ってある。救命ネットか、はたまた遺体回収ネットか?
 
5/5 10:30 雪の急斜面
最も急な雪の急斜面。ここで滑ったら最後、サヨナラだ。
 
5/5 10:50 岩と雪の壁
穂高岳山荘から振り返った奥穂へのルート。急斜面ぶりが良く判る。
 
5/5 10:45 常念・蝶
常念岳(2,857m)から蝶ヶ岳(2,677m)にかけてのなだらかな稜線と涸沢カール。テント村がアリンコのようだ。
 
5/5 11:05 前穂北尾根
ギザギサとしてゴジラの背のような前穂の北尾根。右からT峰、U峰、V峰、W峰、X峰。
 
5/5 11:10 涸沢カール
カールの底に涸沢ヒュッテとテント村。急斜面を喘ぎながら登る登山者。
 
5/5 11:10 急登
涸沢から奥穂への登り。ものすごい急登(しかも直登)に喘ぎながら登るのだ。
 
5/5 11:30 涸沢テント村
もうすぐテント村だ。上から見るとテントが半減しているのが良く判る。我が家は左端付近。
 
5/5 11:30 涸沢小屋
テント村と涸沢小屋。
 
5/5 11:30 涸沢小屋
大きなテラスのある、洒落た雰囲気の涸沢小屋。
 
5/5 11:35 涸沢テント村
ザイテンを40分で駆け下りてしまった。テントの前に先に着いた馬場崎さんと桂君が見える。
 
5/5 12:15 撤収
晴天になりテント内は猛烈な暑さに。装備を全部外に出して撤収をした。
 
5/5 12:55 涸沢テント村
大半のパーティーが撤収し、すっかり淋しくなった涸沢テント村。
 
5/5 12:55 撤収完了
撤収完了し、何事も無かったかのようなキャンプサイト。
 
5/5 13:00 白出のコル
奥穂(3,190m)と涸沢岳(3,110m)間の最低鞍部(2,996m)で穂高岳山荘のある「白出のコル」。
 
5/5 13:15 涸沢ヒュッテ
涸沢ヒュッテのテラスで憩う登山者。本当のテラスは雪の下だ。
 
5/5 13:15 パノラマ売店
涸沢ヒュッテのパノラマ売店。生ビールやおでんもあるのだ。
 
5/5 13:15 こいのぼり
5月の涸沢ヒュッテのシンボル、こいのぼり。
 
5/5 13:20 穂高よさらば
登りではなかなか近づかなかった涸沢だが、下りではあっと言う間に遠ざかる。
 
5/5 13:20 横尾へ
涸沢谷をひたすら駆け下りる。
 
5/5 14:30 本谷橋
登りは100分かかった雪渓を40分で下ってしまった。本谷橋でスパッツを外す。
 
5/5 14:50 横尾へ
本谷橋を過ぎると沢の流れが姿を現した。
 
5/5 15:05 横尾へ
横尾が近づくと大半が夏道になる。
 
5/5 15:40 横尾
横尾に到着。横尾橋はこんなに立派になった。
 
5/5 15:40 横尾橋
横尾橋を渡る野崎君。隣りのおばさんはなぜか片足立ち?
 
5/5 15:40 横尾山荘
すごく立派になった横尾山荘。こいのぼりもいる。
 
5/5 16:10 徳沢へ
横尾山荘で確認したら、最終バスは18:00でタクシーも中ノ湯ゲートの門限19:00とのこと。上高地へ急ぐ。
 
5/5 16:50 明神へ
時間がきわどいので徳沢は休まずに通過する。あたりは次第に暗くなる。
 
5/5 17:40 上高地へ
明神で一休みして、上高地へ。どうにか間に合いそうだ。
 
5/5 18:10 上高地
夕暮れの上高地。河童橋と焼岳。18:30にタクシーを予約して一安心だ。
 
5/5 18:15 やったネ
3:30起きの強行軍の長い一日を無事歩き通した。疲れたが満足感も大きい。
 
5/5 18:15 焼岳
河童橋から梓川と焼岳。
 
5/5 18:15 穂高
河童橋から穂高の吊尾根と岳沢。
 
5/5 18:15 夕暮れの河童橋
こんな遅い時刻の上高地は初めてだが、人影が少なくとても良い雰囲気だ。
 
 
5/5 18:20 上高地郵便局
こんな場所の郵便屋さんは幸せだろうな・・・・・ この自転車でどこまで配達するのだろうか?